戦国コレクションのクエストで秘宝を集めていくと、「戦神カード」というレアカードを手に入れる事ができる。最初の秘宝「水晶」や「勾玉」では、育ててもさほど戦力にはならないので、レアコバンと交換してしまってもいいかもしれないが、その後の「宝珠」あたりからは、育ててデッキに組み込む価値のあるカードがもらえるようになってくる。

しかし、この「戦神カード」をそのまま使うより、一つの秘宝を6回コンプしてもらえる、「戦神+台座」を使用して、レアカードからレア+カードに進化させて使うと、より効果的である。

「戦神カード」が持っている特技も、進化させることによって、更に強力な特技に進化してくれるので、序盤ではかなり役に立つカードになるだろう。

この「戦神+台座」は、イベントでも比較的楽に手に入れる事ができるので、自属性の戦神カードをレア+カードに進化させ、更に強化することによって、合戦やイベントを有利に進めよう。

例えば、序盤ででてくる秘宝「宝珠」を6回コンプリートすると、自属性の戦神カードが6枚手に入ることになる。炎属性で言えば、「[剣神]上泉信綱(業火の刃)」がもらえる。これを進化させると、「[剣神]上泉信綱+(火龍の爪)」に進化する。

ところが、この2枚、特技をみると、自分の攻撃力をアップさせる特技をもっているのに、極めてみると防御力の方が高いという、ちぐはぐなカードだ。

  • [剣神]上泉信綱(極) 攻撃力3400 防御力4500
  • [剣神]上泉信綱+(極) 攻撃力4600 防御力6100

そこで、レア+カードに進化させた後に、強化してみると、こうなる。

  • [剣神]上泉信綱+2(極) 攻撃力6500 防御力4850
  • [剣神]上泉信綱+3(極) 攻撃力6850 防御力5100
強化すると、特技レベルも上がるので、+3まで強化する頃には、特技の「火龍の爪」も、LV4くらいになっているだろう。この特技は、炎属性の武将の攻撃力をLV4だと、24%も増やしてくれるので、かなり強力な特技である。序盤で手に入りやすい「炎の恵み」の特技をLV20にしたときの効果が、25%増なので、LV4で十分使えることが、わかってもらえるだろう。

さて、実際には6回コンプしても必要なのは4枚でいい。それぞれを「戦神+台座」で進化させ、2枚ずつを強化してレア+2カードに。できあがったレア+2カードを、更に強化してレア+3カードにする、という感じである。

さて、この戦神カード、実は進化と強化でかなり強力なカードになることはわかってもらえたと思うが、更にイベントでも力を発揮してくれる。全てのイベントで効果があるわけではないが、イベント中は戦神カードのステータスが大幅に上昇するのである。

「戦神カード」は、必要魔力が低く設定されているので、しっかりコンプして、進化・強化しておくと、イベントの攻略にとても有利だ。

さて、次はトレードの攻略を、「トレードを使いこなそう」でお話しよう。

>> トップページに戻る